予算内で岐阜にこだわり住宅を建てる家ガイド 【ぎふウチ】 » 岐阜に住むならどこ?知っておきたいエリア情報

岐阜に住むならどこ?知っておきたいエリア情報

岐阜県に住むなら押さえておくべき地域をピックアップしました。住みやすい街や子育て環境などについて地域ごとに紹介します。

岐阜県の住みやすい地域をピックアップ

子育てしやすい街

北方町

近年住みやすい街として好まれているのが、岐阜市の隣にある北方町です。北方町は、土地区画整備によって住環境が整えられており、緑地空間の整備にも力を入れています。

県内最小の面積ながら人口密度は高く、岐阜市や名古屋市への通勤通学にも便利なロケーションです。町内には小さな子どもを遊ばせやすい、大小20箇所もの都市公園があります。

緑を感じられる街

大垣市

大垣市は市内に多くの一級河川が流れる風光明媚な地域。おいしい水と景観に恵まれていることから、「水の都」として知られています。さらに「子育て日本一」をスローガンにかかげ、さまざまな子育て支援サービスを展開中であることから子供がいる方にもおすすめです。

また、岐阜市や瑞穂市などと隣接しており、名古屋市まで電車で30分と高アクセスであることから通勤通学も至便です。

開発が進んでいる街

瑞穂市

瑞穂市は、岐阜市と大垣市の2大都市に挟まれた県内でも平均年齢が若い地域です。近年大型店舗の進出や人口増加が続いており、JR穂積駅から名古屋駅までわずか25分と通勤通学にも便利。

道路状況も良く、国道21号線を利用すれば県内外へ車移動もしやすい場所です。

今後もさらなる開発が予想されるため、岐阜で一戸建てを建てるならチェックしておきたい街でしょう。

岐阜の坪単価と住宅展示場

岐阜県の平均坪単価は、名古屋市と比べると比較的安く、土地にかける予算を抑えた家づくりができるでしょう。

岐阜に住みながら名古屋に通勤・通学している方も多くいます。

住宅展示場は岐阜市や各務原市に多く集まっているので、休日に家族で出かけてみてはいかがでしょうか。

岐阜の坪単価と住宅展示場について
もっと見る

岐阜市で暮らす・建てる

岐阜市は県都として充実した都市機能を持ちながら、自然と歴史がバランス良く共存する地域。名古屋まで電車で約18分と好アクセスなところも人気の高いポイントです。

柳ケ瀬を中心としたリノベーションや再開発事業が盛んで、将来性が高く長期に住み続ける場所として適する街といえるでしょう。

岐阜市で暮らす・建てるなら
こちらをチェック!

大垣市で暮らす・建てる

大垣市は市内に多くの一級河川が流れるため、「水の都」と呼ばれるほど水資源が豊富な街です。

緑豊かな公園が多く、ショッピングモールもあるため快適に暮らせる環境が整います。

また名神高速道路をはじめ、国道21号線、国道258号線など主要幹線が通っており、大学が多くあることから便利で文化的な生活をすることができるエリアです。

大垣市で暮らす・建てるなら
こちらをチェック!

瑞穂市で暮らす・建てる

岐阜県で最も小さな市である瑞穂市。2大都市である岐阜市と大垣市の間にあり、両市の生活居住区になっていることが特徴です。農業地として発展してきましたが、近年宅地開発や商業地・工業地の開発が盛んで、新しい産業構造になりつつあります。

交通はJR東海道本線、国道21号線が東西に走り、市の北部には樽見鉄道が南北に走っているため、通勤通学にも便利な地域です。

瑞穂市で暮らす・建てるなら
こちらをチェック!

各務原市で暮らす・建てる

市内のほとんどが台地である各務原市。住宅地、商業地は市の東西を走るJR高山線、名鉄各務原線沿線を中心に広がっています。道路では中央部を国道21号線、西部には東海北陸自動車道が走るため車移動も便利。

北部はゴルフ場や都市公園として利用されており、丘陵地として豊かな緑に囲まれているため、のんびりした暮らしをしたい方におすすめです。

各務原市で暮らす・建てるなら
こちらをチェック!

高山市で暮らす・建てる

岐阜県北部に位置する高山市は、雄大なアルプスの風景とともに「さんまち通り」をはじめとする古い町並みが美しいエリアです。市域は山間部が多くを占め、冬は寒さが厳しい豪雪地帯。

産業は農業や家具製造が中心で、飛騨牛や高原野菜など農業生産高は岐阜県内トップクラスです。市の中心市街地はJR高山本線の「高山駅」周辺。道路では北陸自動車道のインターチェンジが多く、市外へのアクセスも良好です。

高山市で暮らす・建てるなら
こちらをチェック!